2018年12月12日水曜日

「アメリカは食べる。―アメリカ食文化の謎をめぐる旅」東理夫

アメリカを車で旅しながら、食事をし、その中から文明を確認していくという、ロードムービーのような本。朝食は、コンチネンタル、季節感なし、どこでも同じ味。しかし、その奥に大切な文明が息づいているのを、一緒に体感できます。★★★★

2018年12月11日火曜日

「ハロー・ワールド」藤井 太洋

短編集。既読が、2篇あったが、全体を通じて、連作作品になっているので、通して読み直せてよかったです。長編の近未来に対して、現在可能な領域でネット社会が直面しそうな問題に、コードを書くことで課題解決を目指す主人公をヒーロー仕立てで描いてます。ちょっと、ハードボイルド。この小説を、経済入門として読む人も出そう。★★★

2018年12月3日月曜日

「システムエンジニアは司書のパートナー しゃっぴいSEの図書館つれづれ」高野 一枝

時代によって、行政が作る図書館像も変わってくる。まず、貸出。そして、インターネットへの対応。そして今は、地方創生や、市民とつくる図書館など、新しい図書館が求められる。紫波町図書館や、塩尻市立図書館、鯖江市図書館など各地の図書館の新しい試みが紹介されています。シビックテックの図書館実例が盛りだくさん。★★★